有水晶体眼内レンズ(ICL)手術の感想04

手術を受けられた方からの感想です。患者様にはアンケート記載時に、ホームページへの掲載について了承を得ております。
※患者様から頂きました感想はあくまで患者様個人の感想です。悩んでおられる方等の参考までに掲載しております。

20代

幼少期より強度近視と乱視があり、コンタクトとメガネが手放せない状態でした。
レーシックなどの他の手術も考えましたが、自分の目の悪さでは術後合併症が出る可能性が高いと言われて、どうしようか…と思っていたときにICLを知りました。
正直、サトウ眼科さんを選んだのは通いやすさと費用だったのですが、先生やスタッフの方、みなさん優しく相談にのってくださり感謝しています。
術後はそこまで違和感を持つこともなく快適にすごしています。
朝起きたときやお風呂のときなどに視界がクリアになり、目が見えないストレスから解放されました。ありがとうございました。

医師コメント

現状ではICLを希望される患者様は、レーシック手術を断られて、良く調べたらICLというのがあるじゃないか・・・という方もいらっしゃります。
レーシックは最も行われていた時期に比べて1/9に減少してしまいましたが、それでもまだ屈折矯正手術のファーストチョイスかと思います。
ただ、眼科の学会ではICLの治療成績の良いことがしきりに発表されており、症例数が増えている状態です。患者様にとっての一番の問題は価格かと思います。
ICLは、スイスの会社にはインターネット上で発注します。
手間暇もかかり、価格帯は今後もあまり下がらないかと思います。当院のある西宮は比較的経済的に余裕のある方も多く、ICLを考えている方も多い地域ではないかと推測しています。お悩みの方は、ご相談ください。

このページの先頭にもどる